むつめ祭環境活動2015


獲得目標

・企画に参加し楽しんでもらうことで、環境活動に関心を持ってもらう

実施日

9月~1月

参加人数

割りばし販売32団体11,700 膳
割りばし回収5,887本
キャップ回収数222個
募金9,582円
抽選会参加者103人
冊子300部

概要

むつめ祭連絡会での樹恩割りばし(環境配慮割りばし)の販売、11月中の環境強化月間での使用済み割りばしの回収を行いました。また、緑の募金・リ・リパック容器(リサイクル容器)の回収も行い、環境活動に関するツイート、むつめ祭中の樹恩割りばしの販売、使用済み割りばしとPETボトルのキャップの回収・むつめ祭でのスタンプラリーなど、環境活動に興味を持ってもらえる内容にしました。
樹恩割りばしの購入・使用済み割りばしの回収に関しては積極的に協力してもらえました。リ・リパック容器の回収・むつめ祭当日のさる散歩等に楽しんで参加してもらえたと思います。以前より環境活動に関心を持った人が増えたように感じます。

自転車事故防止活動


獲得目標

・近年自転車事故が増加している現状を受け、自転車に乗ることの危険性を知ってもらい安全に自転車に乗ってもらう

実施日

10月15日

参加人数

215人

概要

10月15日(木)に普段使っている自転車の点検や有償修理を扱った自転車点検や大学生協共済連が発行している自転車に関しての冊子に埼大独自の内容を追加して配布しました。また第1食堂においてはPOPで交通ルールを再確認できるクイズを設置しました。
自転車点検会においては1度自転車を点検してもらいたいという組合員の参加が多くありました。留学生や大学院生の方の参加も多く幅広い組合員の参加がありました。内容の方にも満足をしてくれる声が多かったです。

スポーツ大会~秋のミニ運動会~


獲得目標

運動を通して交流して楽しさを共有すること通して仲良くなってもらう

実施日

11月7日

参加人数

33人

概要

スポーツを通して新たな交流と今までの仲をより深めるということを獲得目標にして開催しました。4チームに分かれ、運動会で定番の玉入れやリレーなど自分たちでルールにアレンジを加えた競技も加え、チーム一丸となって競技に臨んでいる姿が印象的でした。
当日は、もともと仲良かった人とはもちろん、初対面の人とも競技に臨んでいく中で自然と仲良くなれていました。みんな息を切らしながらも「楽しい! またこのような機会がほしい」という声があがっていました。参加者には満足して帰ってもらえたと思います。

ハートフル・クッキー2015


獲得目標

障がいのある方が自分のできる仕事を、こだわりをもって行っているということを知り、クッキーを買うことやボランティア活動を通して支援してもらう

実施日

9月~3月

参加人数

13人(ボランティア)

概要

第1・第2食品部に販売しているハートフルクッキーの周りに手書きのPOPを設置し、目立たせました。また、応援メッセージを募集し、アルバムにまとめました。さらに、組合員からボランティアを募集し、作業所の方と商品を販売する手伝いや地域交流を行いました。
前からハートフル・クッキーの存在を知っている組合員はクッキーを買い、応援メッセージを進んで書いてくれました。手書きPOPは可愛いと好評でした。ボランティア活動では、参加者一人一人が自分のできることを考え、行動していました。お客様や作業所の方と楽しそうに交流していました。

受験生サポート2015


獲得目標

・受験生の不安の解消や、埼玉大学の魅力を伝えることを通して、受験への意欲をより高めてもらう

実施日

8月~3月(主にオープンキャンパス8/25-27)

概要

実際の埼玉大学生と話せる相談ブースや、大学生活や受験の体験談を載せた冊子の配布や掲示物展示、また大学で使っている参考書や受験期に使った教科書・ノートの展示を行いました! 参加していただいた受験生から「とても親切に教えていただいて、受験に対する意欲がより高まった」「埼玉大学に合格できるように頑張ります!」などの声をいただきました!

代替わり


達成目標

組織の目標を決め、共有し、これからの体制を決める

実施日

大部会 8/1、夏合宿8/11~13、まとめの会:8/31

概要

1年の節目として、3つの日程で1年間の振り返りや今後の体制や活動についてを考えました。濃密な話し合いができたと思います。また、この合宿をもって3年生は引退となりました。これからは1・2年生で活動していくことになりますので、よろしくお願いします。 3年生のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!

リ・リパック回収活動


獲得目標

・手軽に行えるリ・リパック回収が環境活動の一環であることを知り、環境活動に貢献してもらう

実施日

6月29日(月)~7月31日(金)

概要

リ・リパックとは生協で利用している、回収することで何度もリサイクルされるお弁当の容器のことです。3月の終わりと4月の頭に行われたスプリングフェスティバルでも使用しました。参加した人は容器から黒いフィルムを剥がして白い容器にした記憶はありませんか?そうやって剥がして回収BOXに入れると…再び新しいリ・リパックの容器として帰ってきます!今回の活動では、回収BOXの増設・回収BOXとリ・リパック弁当の販売場所の装飾、リ・リパックの回収、Twitterでのリ・リパックの紹介や回収呼びかけを行いました。参加してくださってありがとうございました。現在回収BOXは第一食品部の合い向かい(生協第1食堂入口)・生協第2食堂横(電子レンジ横)・総合研究棟2階廊下にあります。みなさんも食品部でリ・リパックを購入したらぜひご協力ください。

生協まつり2015~サマーフェスティバル~


獲得目標

・今までの仲間や新たな人と交流することや、気分転換をすることを通じて、大学生活をより充実したものにしてもらう

実施日

7月9日(木)・7月10日(金)

参加人数

234人

概要

この企画のテーマは“夏祭り” 今年GIに入った1年生が中心となり、みんなで楽しめる企画を盛り込みました! その中でも特に人気だったのは“浴衣で胸キュンコンテスト”です。 事前に出場者を男女4人ずつ(2日間で計8ペア16人)募集し、実際に浴衣を着て恋愛シチュエーションを演じてもらいました♪ 当日、会場は大盛り上がり! アンケートでは「彼女がほしくなった」といった感想が寄せられるほど、どのペアも胸キュンさせる演技でした! 他にもお祭りの雰囲気をだすためにかき氷や射的等の屋台をだしたり、花火や提灯の装飾をしたりと工夫しました。 来場者は2日間で合計234人!! お忙しい中、たくさんのご来場ありがとうございました(*’▽’)♪

七夕企画


獲得目標

・生協のよさに気づいてもらい、より利用してもらう
・七夕行事を楽しむことで気分転換をしてもらい、よりよい生活を送ってもらう

実施日

6月~7月

概要

笹を第1第2食堂前に飾り、皆さんに短冊を書いて吊るしてもらいました。同じく第1第2食堂にお気に入りボードという自分のお気に入りの大学生協の商品を付箋にかいて貼り、発信してもらう掲示板を設置しました。食品部ではプリンの売り上げに応じてセールを行うというチャレンジ企画を実施しました。食品部を七夕風ににぎやかに飾りつけしました。スズランテープで天の川も作りました。 短冊については、のべ638人もの方が飾ってくれました。飾られた短冊の重さで笹が傾くぐらいでした。お願い事はそれぞれ個性的であり、みていてとても楽しいものでした。お気に入りボードでは、16件の商品が発信されていました。内容は食べ物が多かったです。チャレンジ企画は、順調に売り上げが伸び目標数の200個を超え、セールを行いました。店舗装飾については「七夕の装飾ステキだね」というお褒めの言葉を何度か頂きました。

一言カード企画


獲得目標

組合員が生協に手軽に意見を伝えることができる一言カードの認知度を高め、より積極的に利用してもらう

実施日

4月~6月

概要

生協第1食堂、第2食堂に設置してある一言カード台の装飾を行ったり、ポスタ―で一言カードの存在を広報したりしました。また、全学講義棟1号館には、学生が気軽に一言カードを取っていけるように掲示しました。
生協に寄せられる一言カードの数が大幅に増えました。寄せられた内容は、入荷してほしい商品の要望やサービスの改善に対する意見にとどまらず、悩みごとの相談やユーモアセンスあふれるものまで、多岐にわたり、一言カードの幅が広がりました。

春の健康祭


獲得目標

・自分の健康状態を見直し、これからの生活を改善するきっかけにしてもらう ・健康に関する知識を持ってもらい、これからの生活に役立ててもらう

実施日

5月13日

参加人数

215人

概要

今の大学生は健康的な生活が送れている人が少ないと感じています。自分の健康について考えてもらうため、気軽に行える握力チェックや肌質チェック、飲酒体験ゴーグルなどを行いました。また、栄養士さんと直接お話しする食生活相談会も行いました。
参加してくれた人の多くが、普段体験できないものに興味を持って、楽しそうに参加していました。まかには栄養士さんと話し込む様子もうかがえました。アンケートでは「楽しかった」「自分の生活を見直すきっかけになった」などの声をいただきました

学生委員会勧誘


獲得目標

・新入生に学生委員会を知ってもらい、共に活動していく仲間に入ってもらう

実施日

4月9日(木)~4月29日(水)

概要

生協第1食堂2階にて、新入生を対象に学生委員会の説明会を行いました。学生委員会がどのような活動をしているのか、どんなやりがいがあるのかを語りました。新歓企画がどのように作られたのかを紹介した冊子を作成しました。
 説明会に参加した新入生は、学生委員会がどのような活動をしているのか熱心に聞いていたり、大学生活について質問したりしていました。レクを通して親睦を深めてもらおうと企画したノンアルコンパでは、学生委員会の先輩や新入生同士で交流し、楽しい時間を過ごしました。多くの1年生が学生委員会に入ってくれました。

スプリングフェスティバル2015


獲得目標

・同じ学部・学科の人たちと楽しさを共有してもらうことで、今後も続くつながりを持ってもらう

実施日

3月31日(火)・4月1日(水)・4月5日(日)

参加人数

1277人

概要

 埼玉大学に入学する新入生を対象に、参加者同士の交流のためや大学への不安を解消するため、各学科の上級生やサークル協力のもと、さまざまなレクリエーション等を行いました。今回のテーマである「サーカス」をもとに楽しい企画にしていくことができました。
 最初は、新入生同士初対面で固い表情でしたが、この企画を通じて友達を作り、最後にはみんな笑顔で交流していました。新入生・参加上級生とも楽しかったなどのコメントがありとても良い企画になったと思います。

新入生交流合宿2015


獲得目標

・宿泊を通して、入学後も続く学部の枠にとらわれないつながりを作ってもらう

実施日

3月27日(金)~3月28日(土)

概要

 新入生交流合宿は新入生の友達作りの手助けをするための新歓企画の1つです。今年は1泊2日の宿泊を神川げんきプラザで行いました。学部の異なる新入生6人と学生委員2人で班をつくり、班対抗のレクリエーションや秋ヶ瀬公園でBBQ等をしました。
 はじめは緊張していた新入生もレクリエーションや班員との会話を通してしだいに仲良くなりました。お互いのことを知れたり、久しぶり身体を動かすことを通して2日間楽しかったという声をたくさんもらいました。

早期合格者交流会2015


獲得目標

・早期合格者の不安を解消し、安心感を持ってより持ってもらう
・交流を通じて、大学生活への期待をより大きくしてもらう

実施日

2月21日(土)

概要

 早期合格者(推薦、AO、社会人、3年次編入)を対象とし、同じ学科ごとに班を組み、様々なレクや夕食作りを通して班内の交流を深めたり、在学生と話すことで勉強や大学に関する不安の解消を行ったりしました。
 最初は新入生の顔も緊張していましたがレクを通して交流していくうちに緊張もほどけ、とても楽しんでいたように見えました。交流会後も班内で連絡を取り合う様子が見られ、後につながる交流になりました。

あらうんど埼大 埼大周辺マップ2015


獲得目標

埼玉大学周辺の情報を知ってもらい充実した大学生活の一助としてもらう

活動期間

10月~2月

概要

 春から埼玉大学に入学する新入生に向けて作った冊子で す。新入生が埼玉大学周辺の情報に詳しくないために持つ 不安を解消してもらうために地図と一緒にわかりやすく埼 玉大学周辺の情報をまとめました。
 多くの新入生の方々から「参考になりました」といっ た声が届きました。新入生の中には出かける際に携帯し てくれている方もいるらしく、好評でした。

機関誌ALPHA~大学生活準備号~


獲得目標

・大学生活への不安を解消するする情報と方法を提示し、安心してもらう
・入学後も生協を利用しようと思ってもらう
・大学生活の楽しさを伝え、自分なりの大学生活のイメージを持ってもらう

活動期間

10月~2月

概要

 新入生が大学生活にどんな不安を抱えているかを考え、その不安を解消できるような冊子を作りました。また、大学生活の様々な場面を取り上げ、新入生に期待を高めてもらえるようにしました。生協店舗の紹介も行いました。
 同封したアンケートでは、「この冊子を読んで、大学生活への不安が解消できた」「これから始まる大学生辰が楽しみになりました」という意見が多く見られました。またほとんどの人に生協を利用しようと思ってもらえたようです。

新入生歓迎HP2015


獲得目標

・新入生に大学生活の楽しさを継続的に伝え、期待を膨らましてもらう
・新入生の知りたい情報や役立つ情報を伝え、大学生活への不安を解消してもらう

実施日

12月1日(月)~5月31日(日)

概要

 インターネットを通して、大学生活の楽しさを伝えることを目的にブログ、ファッション、先輩からの声、おすすめのアプリなどの特集ページを組ました。大学生活の楽しさを伝える一方で、新入生の不安解消のために、新入生交流掲示板を開設し、交流の他、入学するにあたっての質問を受け付けました。
 不安解消のための設けた「新入生交流掲示板」には多数の質問をいただきました。12月から継続的に更新を続けていたブログは3月からアクセス数が徐々に増えていき、1000件以上のアクセスをいただきました。新入生に向けて多くのコンテンツを作成し有益な情報を発信することができたと思います。